赤ちゃんがどうして泣いているのか分からない

泣いている赤ちゃんの画像

赤ちゃんがどうして泣いているのかわからない

これは、子育てしていく中で誰もが一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

涙を流して、声を張り上げて大泣きしている赤ちゃん。

なだめようと授乳や抱っこをしたり、おもちゃであやしたり、歌を歌ってあげたり、様々なことを試したけど、何をしても泣き止まない。

その様子を見て、どこか痛いのではないか、具合が悪いのではないか、と心配になったり…

何をしても泣き止まない様子を見て、自分も泣けてきたり…

しんどいけど、大切

暑いのかな、寒いのかな?おむつが気持ち悪いのかな?

眠いのかな?お腹が空いてるのかな?

遊んでほしいのかな?

いつもと違うところはないかな?

ただ泣きたいだけなのかな?

赤ちゃんがどうして泣いているのか、必死で読み取ろうとします。

何をしても赤ちゃんが泣き止まないのはしんどいことですが、赤ちゃんがどうして欲しいのかを必死で読み取ろうとする過程はとても大切なことだと感じています。

言葉で伝えてくれるとは限らない

「赤ちゃんがしゃべれたら…」「言葉で伝えてくれたら分かりやすいのに…」

と思うこともあります。

でも、実際に大きくなって自分の感じていることを言葉にして伝えられる年齢になっても、そうやって伝えてくれるとは限らないんですよね。

どうして泣いているのかな?どうして欲しいのかな?

赤ちゃんが訴えていることを必死で読み取ろうとすることは、その後の育児にもつながっていく大切なステップだと思っています。

我が子をよく見て、感じて、考え、あれこれやってみる、これは子どもが大きくなってからも続いていくことだと思います。

年齢に応じて子どもとの距離は変わっていくと思いますが、

世界一大切な我が子だからこそ、それは一生続くのだろうと思います。

久しぶりのブログへのアップ、赤ちゃんを泣き止ませるためのハウツーでも書けたら良かったのかもしれませんが、赤ちゃんもママも十人十色、正解は一つではないので、書けません。でも、いつもママ達にこれは大切だよ~と伝えていることをシェアしたくて文章にしてみました。

横浜市保土ケ谷区の相鉄線星川駅から徒歩5分の母乳と育児の相談室「スマイルベビー」の母乳育児相談では母乳に関する事だけでなく育児についてもお話しながらケアを進めています。赤ちゃんとママが楽しく参加できるイベントも開催しています。すべて予約制です。ご興味のある方はスマイルベビーのホームページをご覧の上、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 雨のイメージ画像

    訪問による母乳マッサージの良さ

  2. ピンクリボンアドバイザーテキストの画像

    乳がんについて知ってもらいたい

  3. 氷が浮かぶ冷たい海の画像

    おっぱいが詰まった場合のセルフケア 温める?冷やす?

  4. 母乳を飲んでいる赤ちゃん

    おっぱいが張って痛む

  5. 抱っこされている赤ちゃんの画像

    おっぱいが詰まった場合のセルフケア 授乳の工夫

  6. 笑っている赤ちゃんの画像

    母乳は足りているのかな?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA