おっぱいが張って痛む

母乳を飲んでいる赤ちゃん

飲ませてもおっぱいが固いまま柔らかくならない

退院後間もないママから「おっぱいが張って痛む」と相談を受けることがよくあります。
(乳房の一部が硬い、痛い、赤いというトラブルを起こしている状態とは違います)

ママの側では母乳を一生懸命に作っていて、乳房が張ります。
赤ちゃんも一生懸命飲んでくれますが、飲ませても飲ませても乳房の張っている感じが変わらないという状態です。
赤ちゃんがうまく飲めていないためにこうなってしまうことが多いです。

赤ちゃんにうまく飲ませるために

深い位置で飲めるように

このような時は、まず母乳マッサージをさせて頂き、ママのおっぱいを赤ちゃんが飲みやすい状態にします。
生まれたての赤ちゃんは飲む力がまだ弱いです。
そのため、ママのおっぱいが固いと滑ってしまって、吸いつく位置が浅くなってしまいます。
赤ちゃんがおっぱいをうまく飲めるということは、深く吸いつけているということ。
深く吸いつくことができると、ママの乳首への負担も減り、傷ができにくい飲み方になります。
また、深く吸いつくことでまんべんなくいろいろな腺から母乳を飲みとることができます。

抱っこはどうかな

それから、いつもどうやって飲ませているかを確認します。
いつもママはどこに座って授乳しているか、授乳の時の抱っこの仕方、授乳枕は使っているかなどのポイントを確認します。
一日に何度もおこなう授乳ですから、なるべくママにとって負担の少ない姿勢が良いです。
ママが足を浮かせることで授乳の時の赤ちゃんの高さを調整している場合は、足の下に本や箱を入れるようにしたり、ちょっとした工夫が負担を少なくします。
授乳枕も、合わないものを使用している場合は良い姿勢が保てず、逆効果になってしまいます。
赤ちゃんが体をひねって飲むような姿勢になっていないかどうかも確認します。

くわえさせるタイミング

赤ちゃんにおっぱいをくわえさせるタイミングと位置もポイントです。
赤ちゃんが大きくお口を開けた時にぱかっと深くおっぱいをくわえさせてあげます。
先の方を吸わせるのではなく、乳輪全部を赤ちゃんのお口に入れ、乳房を吸わせるようなイメージです。
赤ちゃんが泣いている時は舌が上に上がってしまっておっぱいを舌の上にのせてあげることができません。
いつも赤ちゃんが泣いてしまってうまくいかないという場合は、赤ちゃんが「お腹が空いたよー」と泣き始める前に授乳するなどタイミングを工夫することも必要になります。

乳房が柔らかくなる

ママが赤ちゃんにおっぱいをうまく飲ませることができるようになると、張っていた乳房が柔らかくなります。
また、張っていた乳房が柔らかくなるということは、乳汁が流れているということ。
流れが良いと、乳汁を作っては流れ、作っては流れという良いサイクルができ、ママのおっぱいは良い状態になっていきます。

退院後間もない時期にケアさせていただくと、ママにも赤ちゃんにも癖がつく前に修正でき、ほんのちょっとの工夫でその後の授乳がスムーズにいきます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA