母乳と育児の相談室「スマイルベビー」開設まで(1)

スマイルベビーのロゴとお花の画像

3周年を迎えて

2021年7月に横浜市保土ケ谷区に開設した母乳と育児の相談室「スマイルベビー」は3周年を迎えました。

これも利用してくださったママ達、サポートしてくださった皆様のお陰です。

m(_  _)m ありがとうございました。

スマイルベビーをこういう場にしたい

母乳育児に限らず地域のママ達の子育てのスタートをサポートする場にしたい、

ミルクで育てているママも母乳で育てているママも混合で育てているママも、育児に関して気軽に相談できる場にしたい、

ママがいつでも気軽に相談に来れる場にしたい、

妊娠・出産だけでなく年齢と共に変化する女性の体に関する知識を提供し、

その変化に対してどのような工夫をしたか女性同士で知恵も共有できる場にしたい、

そんなことをこだち助産師と話しながら「スマイルベビー」を開設しました。

自分の中ではまず3年続けることが一つの目標だったので、それがクリアできた今は開設までの色々について覚書として書いていきたいと思います。

助産師による相談室を作りたかった理由

相談室という場を作る決心をしたのは、ママ達の声に応えたかったからです。

私は東京都北区での出張開業期間を含め、20年近く出張専門の助産師として活動していました。

ママ達から仕事の依頼もあるし、場所に縛られないことで比較的時間も自由に使えたため、週に何回かクリニックでパートしたり、興味のある研修に参加したり、そのままでも十分充実したワークライフを送ることができていました。

仕事の依頼をしてくれたママ達の中には「家に来てもらうのではなく、どこかこちらがケアを受けに行ける場所はないんですか?」と聞いてくる方々がいました。

そんな声に応えたくて、助産師による相談室を作りたいと思うようになりました。

 

**************

 

横浜市保土ケ谷区、相鉄線「星川」駅から徒歩5分の母乳と育児の相談室「スマイルベビー」の助産師やないめぐみのブログです。

赤ちゃんの体重が心配、おっぱいをうまく飲めない、母乳が足りない/出過ぎる、おっぱいが痛い、卒乳断乳したい、妊娠中から母乳育児に備えたいというお悩みだけでなく、育児やママ自身のお体のことなど、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. ピンクリボンアドバイザーテキストの画像

    乳がんについて知ってもらいたい

  2. 雨のイメージ画像

    訪問による母乳マッサージの良さ

  3. おっぱいが詰まった場合のセルフケア 食事は?

  4. 横浜市保土ケ谷区の母乳外来「スマイルベビー」外観

    横浜市保土ケ谷区で母乳外来もはじめました

  5. 泣いている赤ちゃんの画像

    赤ちゃんがどうして泣いているのか分からない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA